“路上飲み防止” 新宿区、高田馬場の駅前広場をフェンスで封鎖

新宿区が、路上飲み防止の為に高田馬場の駅前広場をフェンスで封鎖したという事で、実際に行ってみた。学生が多い方を閉めたという事で早稲田口だろうと思って行って見たら、予感が的中した。

駅前の広場を丸ごと封鎖というのは関東というよりはむしろ関西チックなやり方だが、これぐらいハード面の対策を行わないと若者には響かないと判断したのだろう。最近は電車内で友人同士でマスクをしながら会話したり騒いでいるのも見かける。いくら仲が良かったり友人であっても、電車内は一つの部屋であり、最悪そこにいる乗客全員に広がる可能性もありうるのだ。外だから大丈夫とかマスクしているから大丈夫とか完璧とかいう事ではなく、マスクをしていたとしても電車内や改札口、あるいはホーム等でも静かに過ごしてもらいたいものである。行政も高田馬場に限らず、他の駅もバンバンフェンスで締め上げた方がいいのかもしれない。