IE11、2022年にサポート終了 IE限定の社内システムはどうする?

マイクロソフトは、2022年6月15日にIE11のサポートを終了すると表明した。これでIE全てのサポートが終了となる。サポート終了以降、IEでサイトを開こうとすると全てがEdgeにリダイレクトされる。

今後はEdgeをお使いくださいとしているが、社内システムの中にはIEでしか動かないシステムが数多く残っているのもまた事実である。システムを他のブラウザでも開けるように改修するというのも一つの選択肢であるが、一度納品した物は変更できないとか、開発した企業と連絡が取れないという場合も多いだろう。これらの事情も鑑みてマイクロソフトは「IEモードをお使いください」としているが、設定がかなり面倒であり、Edgeを起動してワンタッチでIEモードに出来るような簡単な仕様ではない。どうしてもIEでしか開けないページを開きたい時は、IE Tester(フリーソフト)とかbrowserling.com(webサービス)を使うとよいだろう。特にIE TesterはIE5.5・6・7・8・9のバージョンを指定でき、かなり便利だ。browserling.comは海外ホスト経由で色々問題があるので、その辺に懸念がある人はIE Testerを使ってみるとよいだろう。