羽田空港JALが完全にセルフ化していた件 レシートは自分で抜き取り等

羽田空港のJALは「JAL SMART AIRPORT」を導入したと以前に発表があったが、客がセルフでやる箇所が増えている印象だ。実際に体験してみたので記しておく。航空券をまだ発券していない人は自動チェックイン機で航空券を発行する。
預ける荷物等がなく既にQRコード等を持っている人はそのまま検査場に直行できる訳であるが、
1.QRコード等や搭乗券をかざす
2.出てくるレシートは客自身で持つ
3.検査場の水色のトレーに機内持込手荷物を入れたら、自分自身でトレーごと検査員に差し出す
2の部分に関しては、今まで出てきたレシートを係員が客に一人ひとり手渡ししていたが、これが廃止となった。また3に関しては、水色のトレーに手荷物を入れたのを確認したら係員がX線検査機のベルトコンベアまで通してくれていたが、これも廃止となり客がベルトコンベアの手前まで自分で水色のトレーを差し出さなければならなくなった。
航空業界もかなり業績が厳しくなっており係員の表情も昔に比べればなんだか暗い表情になっていたが、収入が落ち込む等何か理由があるのだろう。係員の負担軽減の為、客としても負担すべき所は負担していく時代になっているのかもしれない。