VISAタッチ決済で電車に乗れる!南海電鉄、一部区間で実験開始

南海電鉄が一部区間において、VISAのタッチ決済で電車に乗れる実証実験を行っている。交通系マネーではなくVISAタッチを採用した理由としては、鉄道会社が会員獲得に躍起になる必要がなく、カードの規格を決める必要もなく、サポートはカード会社に丸投げした上で既存のシステムを使えるので「楽でええわぁ」という理由なのだろう。対象区間や対象の改札は公式サイトに明示されている。実際に行ってみた。

なんば駅での風景。こんな感じでタッチ決済専用のレーンが豪快に明示されているので、そこに向かう。確かに側面部分にタッチ決済の機械が後付けされていた。それ以外の改札はタッチ決済非対応なので注意。

このようにタッチ決済対応のカードをかざして、カードの周囲が緑色に光れば改札が開く。結構感度は強めに設定されており、1秒ほどかざしただけで瞬時に読み取った。

例えば新今宮で降りるような場合には、同じようにVISAタッチ決済が明示されたレーンに行き、入場時と同じタッチ決済対応のカードをかざせば課金されて改札が開く。クレジットカードをそのまま改札に使うというのは斬新な発想で「ようやるなぁ」というのが率直な感想であるが、鉄道会社も交通系マネーの残高不足で改札を閉めたくない、後ろの客に迷惑が掛かるのを防げる、チャージや残高不足等の問い合わせや窓口負担が減るという点でメリットがあるのだろう。国交省もこの施策を後押しするとともに、全駅全改札への展開を期待したいものである。