茨城知事「五輪中止」発言はマンボウ適用蹴られたから?ネット話題


茨城県知事が急に「五輪は中止、延期も選択肢だ」という発言をしたのには訳があるのだろう。表情を見るに「言っていいか?言うぞ」みたいなある意味確信犯的な雰囲気が伺えたからだ。大井川知事は4月末から国に対して蔓延防止等重点措置の適用を求めてきたが、全て蹴られ続けている。これより以前に組織委員会から何らかの協力あるいは打診があったものを茨城県が拒否した事でそれが国に伝わり、菅総理が報復措置として重点措置を茨城に適用しないという嫌がらせを行い、それにキレた大井川知事が中止ネタを披露したのだろう。こういう嫌がらせはいかにも総理がやりそうな事である。組織委は「お金を出して確保してねという要請はしていない」と言っているが、お金の話は抜きにしても「万が一何かあったときはよろしくね。東京から近いし」みたいな話を茨城県にしたのではないだろうか。
カシマスタジアムの五輪ボランティアが7割辞退という報道も出ており、だんだんと外堀が埋まりつつある。そろそろ政治も答えを出す日が近づいているのかもしれない。