コンビニ業界 1本買うと1本もらえる施策はなぜできる?

コンビニ業界において、ジュース等の飲料を一本買うと別の飲料が一本貰える「プラスワン」施策が流行っているが、これはなぜできるのだろうか。理由は簡単で、この原資は全てメーカー負担だからである。
下手にテレビCM等を打つよりも、実際に商品を配った方がメーカーは原価分だけの負担で済むし、客も喜び、一度関連する商品を飲んでいるユーザーなのでリピート率も高いと判断したのだろう。またコンビニ本部にとってもこのドリンク分も売上に計上され、再度来店してくれる事でついで買いの需要が見込めると判断したのだろう。例えば引き換える人が10万本の想定で原価50円とすれば、500万円用意していれば済む話であり、CMより圧倒的に安く済み効果が高い。そもそも製造メーカー側は廃棄等のリスクも考えて商品を沢山用意しており、数万本程度タダで配ったとしても全体からすれば痛くも痒くもない話なのである。
消費者庁の景品表示法的には総付景品における200円以下はクリアしているかもしれないが、「2本目が50円引きで買える」とかではなく「完全無料」という点が一般的な商慣習に照らし合わせてどうか、法律に反しないかはグレーな所だろう。セブンは700円くじをやらない代わりにプラスワン施策を大々的に推し進めているが、今ではもはや全チェーンに広がりを見せている。今後の動向に期待したい。