自動改札機の「虹」って何?キセル防止警報音で駅員に怒られる事も

JR東日本等の自動改札機において、「虹」という隠語がネット上でささやかれている。虹という鮮やかな言葉とは裏腹に、その発動条件は腹黒である。suicaをかざすフリをして実際はかざさずに通行、あるいは入場券の二枚挿し等を行うとキセル疑いの不正通行と判断し、特殊な音楽と自動改札機のランプが虹色に点灯する。おそらく「虹」という言葉はここから来ているのだろう。ごく稀に有効な乗車券類を持っていても誤検知して虹が発動する事があるらしい。

※虹の例(ユーチューブ動画より)
私はタッチ不十分で弾かれる事はよくあるが、虹を鳴らした事は今だかつてない。虹に遭遇するとスロット機で大当たりしたかのような音楽が流れるので周囲が驚く事になるだろう。また有人改札に近い場所で複数回虹を鳴らした人が駅員に怒られたという報告もあった。キセル行為は犯罪なので切符は目的地まで正しく購入するようにしよう。5秒ぐらいしか鳴らないので後ろの客には気づかれないレベルであるがキセル疑いの行為である事には間違いないので、虹を鳴らす事はしないほうがよさそうだ。