あなたのブラウザは何点?仕様準拠度を測るテスト「Acid3」

もし知らない人がいたら豆知識(雑学)として他の人にも教えてあげてください。

Acid(アシッド)というWebテストツールがあります。

この「Acid3」というテストは、2007~2008年現在のブラウザの最新仕様に準拠しているかを測るテストで、無料で5秒ぐらいで測定できます。
当時はIE6などもまだ普通に使われていた時代でブラウザによって画面が崩れることが余裕でありました。IE8ぐらいまでは「互換モード」といって古い文法で表示させるなんてモードも搭載されていましたね。
今の時代はスマホの普及によって少なくなりましたが、当時はこのテストの意義はあったと思います。このテストに準拠するように各社が努力したことで、どのブラウザでも同じような表示ができることに結びついたのだと思います。今でも解釈の違いは多少残っていますが、昔ほどではなくなりました。

最新版のIEとEdgeで実行。見事満点でした。さすがマイクロソフト。
当時は一番点数が低かったのがIEでしたからね。IE独自タグとか独自規格とか余裕でありましたから。汚面返上といった感じでしょうか。

リンクをクリックすると答えというか満点の画像が見れますが、満点なので意味がありません。

さて、chromeですが、最新版だと97点です。バーの色が一部描画されないようです。スマホでも同じ。
一時期は満点の時期もあったようですが現在は満点を取ることを意識していないようです。

最新版のFirefoxで測定。同じく97点でした。

最新版のOperaでも同じく97点でした。

このテストは過去のバージョンもあり、ニコちゃんマークの顔がきちんと表示されるかどうか確認するテストがacid2(2005年)です。
さらに古くなるとacid 1(1999年)なるものもあり、こちらはレイアウトがきちんと表示されているか確認するだけのテスト。

ちなみにこれらのテストはあくまでも「テスト公開時点の標準仕様に準拠しているか」を測るものであってブラウザが使いやすいかどうか、速度やマシンの性能を測るものではないので誤解の無いようにご注意を。
そして満点でなくても落ち込む必要はありません。満点でないからといってそのブラウザはダメだとかページが描画されないとかそう言うものでもないのでご注意を。acid3で90点を超えていれば概ねほとんどのページは崩れることなく表示できると思います。ユーザー側でできることは何もないので点数を上げる方法はありません。
なので97も100も細かい解釈の違いが点数になっただけで3点差が実用上問題があるかと言われると「ない」と断言できます。遊びツールというか雑談のネタとしてご活用下さい。そして新しいハードで新しいブラウザを使う機会があったら、ぜひこのテストを実行してみて下さい。

コメントする