スマホの充電が遅い時に確認する項目9個

スマホの充電が遅い時、ありませんか。
限られた時間で1%でも多く充電したいですよね。そんな時の対処方法を伝授します。

1.充電中の操作はしない
充電中に操作をすると、充電が進みません。なるべく操作は控えましょう。
特に動画の視聴は禁物。寝ている間に充電させるのが効率的です。

2.電波OFFモードにする
通常スマホは2日しか持ちませんが、電波OFFモードにすると2週間ぐらい持ちます。
それぐらい節電効果の大きいものなので、まずは試してみましょう。

3.急速充電対応の端末、アダプタ、ケーブルを使う
Quick chargeやアンペアの大きいものを使うなど、急速充電に対応していれば急速に充電できます。
ただし、端末、アダプタ、ケーブルの3者対応が必要です。
どれか一つでも非対応の場合は通常充電となります。

4.無駄なアプリは終了する
使わないアプリは終了することで、無駄な電池消費を減らせます。
特にゲーム等はバックグラウンドで動作させているとかなりの消費になるので注意。

5.無駄なメモリは解放する
アプリとも関係がありますが、メモリもバッテリー持ちに関係するのでなるべく充電中は空けておくようにしましょう。

6.再起動する
メモリに関しては再起動すると解放されます。

7.もう見ない写真や動画・アプリは消す
ストレージ内に大量のファイルがあると、その分重くなってしまいます。
その分アプリに負担を掛けることになりバッテリー浪費となりますので、無駄なファイルは消しましょう。

8.なるべく1端末に集中させる
何個も差し口がある充電器の場合、全スロット合計で最大供給電流が定められている場合があります。
その場合、同時に充電はできても校則には充電できません。
速度を重視する場合には1スロットだけ使うようにしましょう。

9.なるべくコンセント充電
車で充電するタイプや電池から充電するタイプなど様々な物が発売されていますが、あれらは緊急措置用で高速充電は見込めません。
やはり大量の電流を供給できるコンセントから充電するのが一番でしょう。
最近はスターバックス等のカフェでもコンセント付の席がありますのでケーブルさえ持っていればほぼどこでも充電できます。
電車の中なら電波オフモードにして乾電池タイプや内蔵バッテリータイプでの充電がベストです。

スマホの充電環境を再確認して、快適なスマホライフを送りましょう。