「平成35年は西暦何年?」でうっかり免許失効に注意 免許の西暦確認必須

令和の元号が出る前に免許更新した人は、旧元号である平成のまま表記されている。平成35年とか平成36年などといった具合だ。

6ヶ月以内であれば「うっかり失効」扱いで通常の更新と同じ簡単な受講のみで再発行できるが、半年以上一年未満であれば仮免許に格下げとなり教習所通いが必要になるなど面倒な事になる。1年を過ぎると完全に免許が取消となり再取得から必要となる。更新日の数ヶ月前には自宅宛に更新案内を示すハガキが届くはずなので、確認してもらいたい。特に学生等で免許の住所を書き換えていない人は注意が必要だ。旧元号のみが記載されていて新元号の免許に書き換えてほしい人は、近くの免許センター等を訪れてみると良いだろう。