道路上の「ひし形」マークはどういう意味?実はかなり重要な意味


道路上にひし形マーク(ダイヤマーク)が書かれていることが良くありますが、免許講習で習ったけどもう忘れた、あるいはよく分からず通り過ぎている人も多いのではないでしょうか。特に片側1車線で信号がないような、小さい道路に書いてある事が多いです。

これの意味としては、単純に「目の前に横断歩道がある」事を示しています。目の前に横断歩道があるので注意せよ、速度を落とせというような標識です。信号のない横断歩道での事故はかなり多いですので、ドライバー一人ひとりが気をつけて左右を確認する、速度を落とすなどして事故を未然に防ぐ事が非常に重要です。信号がないような狭い道路では歩行者も油断して「狭いから渡れる」と思っている節がありますから、自動車側もこのマークが出てきたら少し注意というか用心して走行する事をお勧めします。