ドローン200g→100gに規制強化 ドローン業界死亡の衝撃

政府がやってはいけない事をやってしまった。トイドローンの規制を従来の200g以上から100g以上に強化したのである。学術会議以上の愚策としか言いようがない。200g規制の時に既に記事にしているが、200g未満のドローンは「トイドローン」に分類され、人口密集地区であってもいわゆる許可や申請が不要で夜中でも(国会議事堂や飛行場周辺を除いて)どこでも飛ばせる機体となっていた。しかし、仙台上空での謎の気球事件などが相次いだ事から、規制を強化したものと思われる。端的に言えば、100g以上200g未満の機体は、今後許可なしに都内では飛ばせなくなる。物件から30m空けなければならなくなるので、都心ではほぼ無理だ。

理由として「200gでも危ないドローンが出てきているから」という事らしいが、そんな理屈は理屈として通用しない。それならば10gでも0.1gでも危ないという事になり、逆に何gなら危なくないのか教えてもらいたいものであり自動車も危ない、自転車も危ない、という事と同義でありこれを唱えた役人は家から出るのも危ない、と言い張るのだろうか。変に制限を掛けるぐらいならいっそのこと免許制にしてもらいたいと思う所である。本人が操縦している動画を投稿して腕前が相応しいと認定すれば免許を出せばいいだけの話である。
ネットでは「はいDJI MINI 2死亡」と書いている人が大多数を占めている。DJI MINIは高級ドローンの200g未満のバージョンでありながら、1kg級のドローンと同じような安定した飛行ができネット民に重宝されていた。7万円出して買った高級機が一気に文鎮に化してしまうのは本末転倒としか言いようがない。100g未満で同じように作る事は非常に困難である事から、本当の意味での屋内用おもちゃドローンしか許可なしでは使えない事になる。中国製ドローン排除等のニュースが以前に出ていたが、海外製を排除して日本のドローン市場を醸成したい思惑が見え見えである。技術革新の目玉と言われているドローンだが、この規制は菅政権のデジタル改革とは相反する規制となる。日本だけこのような規制をかけていけば世界から取り残されてますますガラパゴスな国になり孤立し世界との競争力を失う国になるのは言うまでもないだろう。