ヒルトンお台場宿泊記 駅0分 バルコニー付で絶景夜景 ラウンジ有で朝食美味

ヒルトン東京お台場に宿泊した。お台場のホテルと言えばグランドニッコーが有名であるが、現在人気でかなり高騰していてなかなか予約が取れない。そういう点でグランドニッコーの半値近い値段でとりあえず寝たいという人にはヒルトンでも十分かもしれない。28,000円でGOTO適用で18,000円ほどで宿泊できた。駐車場は1泊2,000円。お台場の相場でいえば半額ぐらいだろう。

立地は抜群でフジテレビ本社の真横であり、ゆりかもめ台場駅から徒歩1分もかからないぐらいである。ホテルを出たらすぐフジテレビの本社が見えるのだからフジテレビの関係者も多く宿泊しているに違いないだろう。

フロント部の建物はバブル期を思わせる作りになっているが、部屋は綺麗に改装されているのでご安心を。右の写真も共有スペースであるが、人通りが少ないので集中したい時とかに使えるだろう。チェックインは10分ぐらい待たされるが、事前にQRが準備できているか、間違えやすい名前を聞くなど配慮がされていた。支払はクレジットの場合チェックイン時は0円オーソリのみ行い、後日確定して請求される。

早速部屋へ。今回泊まったのはラウンジが使えるエグゼクティブルームであるが、確かに上質感を感じた。エグゼクティブルームだと部屋が少し豪華になり、ラウンジが使えるのみならず軽食や飲み物も無料で、さらに朝食も無料なのでこれにしない手はないだろう。風呂から部屋が見渡せるので夜景を見ながらという使い方も可能なほか、親が風呂に入っていながら部屋にいる子どもの面倒を見る事もできる。風呂はかなり大きめ。

シャワールームもある。さすが高級ホテルだ。部屋全体はこんな感じ。50型のパナソニック製テレビが入っていた。バルコニー付きなので窓というかドアになっており横2m、縦は3m近い大きさだ。ドレープカーテンは枕元のボタンで自動で開閉できる。

ガラス製の机や大型ソファも入っており、広い空間をフルに使って優雅な時間を楽しむ事ができる。

エアコンはこのようになっている。ネックなのが温度指定のみで冷暖房は選べないという事。
エグゼクティブルームだけあって、ネスプレッソコーヒーマシンが設置されていた。さらに「いろはす」も部屋に4本セットされていた。

バルコニーから見た景色。東京湾を一望できる。昼の景色、夜の景色を独り占めできるのは大きい。

デスク周りはこんな感じで、綺麗に改装されていた。ガラス面に指紋一つなかったのはビックリ。感染症対策で清掃徹底しているのだろう。

BOSEのBluetoothワイヤレススピーカーが置いてあった。高級なホテルにはよくある装備である。アメニティはこんな感じで、一式揃っていると言っても過言ではないだろう。

エグゼクティブラウンジはエグゼクティブルーム・スイートルームに宿泊している人しか利用できないラウンジで何度でも無料で出入り可能。チェックインやチェックアウトもエグゼクティブな人はここでできる。感染症の影響で規模を縮小し朝食は通常の朝食会場、月~木曜のチェックイン/アウトはフロントでの手続きとなっている。受付の係に部屋番号を言うだけで入れる。

簡単な軽食や飲み物が用意されている。会場は申し分ないが、出ている食べ物や飲み物のクオリティはグランドニッコーの半分ぐらいだが、宿泊価格を考えると致し方ないところだろう。入る時に検温、食べ物は手袋着用で取る。

アフタヌーンティーの時間に行ったらケーキを出してくれた。有難い。コーヒーマシンもあるしオレンジジュースや牛乳なども飲み放題だ。奥の席には電源席もあり、パソコン等の作業にも使える。
 
そろそろ日が暮れてくる頃であるが、フロント近くにあるケーキ屋でGOTO地域クーポンを使ってケーキとパフェを買ってみた。2つで1,400円ぐらいであったが、差額は部屋付けとした。なかなか味わえない非日常的な風景である。

日が暮れてくると感動的な夜景が目の前に姿を現す。高級ホテルだけあって言葉にならないぐらいの感動である。部屋から見える景色についてはグランドニッコーよりもこちらの方がいいかもしれない。

さらに暗くなるとこんな感じの風景になる。目に焼き付いて忘れられないぐらいである。

地域クーポンを消化するためにお台場の飲食店で食事をした。こちらも1,400円ぐらいする丼であるが、クーポン利用で400円で食べられた。ホテルからペデストリアンでつながっていて下に降りずにアクアシティなどに行けるのはありがたい。

ペデストリアンからはこういうお洒落な装飾やレインボーブリッジなどを見る事ができる。どの店も眺望の良さをウリにしていた。

朝食は検温と手袋着用を条件にブッフェとなっていた。稼働状況によってはプレート形式になることもあるようだ。通常料金で4,000円、宿泊と同時に付けても3,000円近くするブッフェであるが、エグゼクティブの人は感染症対策でこちらの朝食に振り替えになっているので無料で食べられるのは有難い。済んだお皿をすぐ下げてくれたり接客に関しては百点満点なのだが、感染症対策の影響なのか品数が30種類程度で、価格に対して品数が少ない面は今後要改善だろう。

最後にゼリーとコーヒーを味わって一旦ホテルを出て、お台場周辺を散策してみた。なかなか綺麗な自然が広がっていた。4枚目の写真は枕元の写真であり、照明や空調やアラームを一元管理できる。

こちらはバルコニーである。人が2~3人立てるギリギリのスペースしかないが、無いのとあるのとでは大違いであり、夜景を窓越しではなく直接撮れる、部屋の換気ができるのも大変魅力的だ。チェックアウトも混み合う事が予想されるが、カードで払った人や事前精算済の人はエクスプレスチェックアウトがあるのでメールアドレスだけ書いて署名して専用のポストに放り込めばチェックアウトが完了する。料金の精算はカード払いの場合はチェックイン時に登録したカードに請求が行く。チェックイン/アウトともにカネの話を一切せずに滞在できるのは大変ありがたい。お台場近くでそこそこ高級が良いけどリーズナブルに泊まりたい、日本的なおもてなしよりも景色重視という人は是非検討してもらいたい。