NAVERまとめ 全サービス終了 “まとめサイト違法”著作権法改正が理由か

多くのネットユーザーから煙たがられていた「NAVERまとめ」が、10月1日、ついに全サービスを終了した。理由としてはまとめサイトのニーズ低下や検索順位を荒らしている割に正しい情報や役立つ情報を提供していなかった点も挙げられるが、一番は文化庁がまとめサイトを違法とする著作権法改正を示したからだろう。報道の為、あるいは数枚載せる引用など適正な範囲を超えて、サイト全体で雑誌や漫画等の著作権保護コンテンツおよびそれへのリンクのみを大量に掲載する行為を著作権法違反行為と定め、この法律は10月1日から施行される。

「最後のまとめを読む」とか言って、最後の最後までまとめさせようとしているのがこのサイトの魂胆とも言えるだろう。ネットの一つの時代が終わり、また一つの時代が始まろうとしている。ツイッターアプリでもデフォルトでまとめが表示されるようになっており、まとめサイトという時代も終焉を迎えているのは明らかだ。特定の情報ばかりを掲載するまとめサイトが減っていけば、ユーザーは情報を多角的に評価できるようになり、情報の価値が遥かに向上するのである。