東京都、都民限定”独自GOTO”実施 併用可で1泊5000円補助

東京都は、都民限定の独自GOTOを実施すると発表した。国のGOTO東京追加に合わせて、10月下旬から実施される予定。
具体的な内容としては、都民が都内で旅行観光する事を条件に
・一人一泊5,000円補助
・日帰りは2,500円補助
・一人あたり最大25,000円補助
・国のGOTOトラベルと併用可能
という事であり、各都道府県がやっている独自の宿泊施策とほぼ同等の内容となっており、予算措置は40万泊分で予算が尽き次第終了。小池都知事は過去に「GOTO追加するならプレミアムつけて」などと発言していたが、この分の原資を国からもらったかどうかは定かではないが、最終的に都で面倒を見るシステムにしたようだ。他の地域が各自治体レベルで独自施策をやっているのを見れば妥当な対応だろう。例えば定価1万円のホテルに泊まるとしてGOTO適用で6,500円、さらに5,000円引で1,500円になる。8,000円のホテルに泊まって両方の割引を適用すると差額は200円になるが、支払額が0とかマイナスにならないように「GOTO引く前の定価で1万円以上」「最低支払額1,000円以上」など何らかの規定を設ける可能性は高いだろう。もっとも、引く順番を逆にすればいいのかもしれない。都内のホテルは高いホテルが多いので最も0とかになる可能性は低いと言えるが、一応脆弱性は埋めておいた方がいいだろう。宿泊業者に直接補助すればという意見もあるが、マイクロツーリズムという観点からもあえて宿泊し、客を動かす事で宿泊業者や観光業、お土産業者など全ての業者が潤う。現に多くの自治体で県民限定のGOTOが行われている事から、GOTOの潜在効果は極めて高いのである。特に過去にふっこう割が実施された九州や東日本エリアでは、前例がある事からスムーズに地元限定の割引施策を開始できたに違いない。地元の住民が感染防止に配慮しつつも地元の魅力を再発見という点でそれを生かした施策である事は間違いないだろう。