赤なのに←↑→矢印信号が出るのはなぜ?実は道交法に答えが

赤なのに「←↑→」信号が全部付いている事があるが、それなら青でいいじゃん、と思った事はないだろうか。
道交法にその答えは書かれていた。

道交法施行令 第2条 信号の意味等
通常の青信号(青色灯火)
一 歩行者は、進行することができること。
二 自動車、原動機付自転車、トロリーバス及び路面電車は、直進し、左折し、又は右折することができること。
三 多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、直進をし、又は左折することができること。

矢印信号(灯火の矢印)
車両は、黄色の灯火又は赤色の灯火の信号にかかわらず、矢印の方向に進行することができること。この場合において、交差点において右折する多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、直進する多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両とみなす。

二つの条文を比べてみると、青色信号の場合には歩行者が通行できなければいけないが、矢印であれば「歩行者は通行できる」という条文はないので、歩行者を止めて車両だけを動かす事ができる。対向が赤だからという理由はロジック的には正しくなく、対向が赤なら青にしてしまえばいいという事になるが、この法律で縛られているので青にできないという事なのだろう。右折矢印がある信号では、右折レーンの設置が義務となっており、この信号が出てくるのは当然交通量も多く、その割には比較的歩行者が少ないような道路に適用される傾向が多いだろう。また、信号システム上もどちらかが赤であればどちらかは青というシステムを組んでいたとして、周りの信号との同期もあるので灯火そのものの間隔を切り替えると調整が面倒なので矢印のタイミングや長さで調整、という方が簡単な運用である。青信号にすると全ての方向の通行許可を意味するが、赤信号であれば示された方向のみ通行できる条文になっているので、これを活用して←と↑だけまず出して、→だけ数秒後に時間差で出すというような運用も可能で、逆に全部出して、数秒後に←を消すというような現場や時間帯に応じた臨機応変な運用が可能となる。青にすれば良いじゃん、と思いそうだが、青にできないのはその場所における何らかの理由がありそうだ。