すがちゃん「デジタル音」すがちゃん「デジタル庁」まさかの一致?!

すがちゃんがデジタル庁構想をぶち上げたのはただの偶然ではないだろう。YouTube界隈の九官鳥「すがちゃん」は、前任の「あべちゃん」とは異なり言葉をあまり発さず、代わりに電話の音や洗濯機の音、コピー機の音などのデジタル音ばかり発している。おしゃべりで酒を飲み外交に飛び回っていた安倍前総理に代わって、菅総理は酒も飲まないし外交に飛び回るという事はしなさそうでものすごく言葉を発するという事もなさそうだが、言うべき時にガツンと言うスタイル、的確な指示で真面目で最後までやり遂げる、有言実行という点で今後菅カラーが出てくるのは間違いないだろう。特に携帯値下げとデジタル庁、デジタル免許証は総理にとって政治生命を賭けてでもやり遂げたい施策であるに違いない。
「デジタル化が遅れているから」というのがデジタル庁創設の理由となっているが、デジタルの遅れは20年前ぐらいから言われていたはずであり、今までの総理が何もしてこなかったのも罪深い。総理もこの動画を見てシンパシーを感じてデジタルが今必要だ、と考えたのかもしれない。デジタル庁の会議風景がまるでベンチャー企業のような私服でホリエモンがいてもおかしくないような雰囲気だったが、黒いスーツの人が集まってただ文書だけ広げてお堅い会議するよりもよっぽどマシであり、ようやく国も民間の柔軟な思考ができるようになったかと感動した次第である。ブレストでもしていたのだろうか。とにかく省庁や上下関係など無視してバンバンアイデアを出し合って、どんどん実装、実現する、関係省庁に働きかける、スピード感を持って実行する事が求められるだろう。最初からガチガチに決めず緩く決めておいた方が後から修正が効きやすい。プログラムはウォーターフォールではなくスパイラルの方が多いのだから、会議もそれに合わせた方が無難である。IT関係となればオタクに話させると何十分も平気で話し出すのでアクセル役とブレーキ役は必要かもしれないが、個人的には人数が多すぎてもうまく回らないので、一つのプロジェクトあたりの人数は3人にして、リアル人間の調整役、仲介する人、プログラマーやエンジニアなど大まかな役割を振っておくのも重要と言えるだろう。