菅総理が強く指示した肝入り施策「免許証のデジタル化」ってどういう事?

国家公安委員長が「総理から強く指示を受けた」としているものがある。マイナンバーカードを使った免許証のデジタル化である。これについては似たような事を当ブログでも過去に主張していたが、ようやく実現の運びとなるのは感慨深い。

報道陣は官房長官に「スマホに入れるという事か?」と質問していたが、免許証のデジタル化と聞いてパソコンに入れるのでは意味が無いだろう。免許証は持ち運べなければ意味が無いのだから、国もNFC搭載のスマホをイメージしているのは明らかだ。詳細は今後議論するという事でまだ詳細は発表されていないが、初回登録は上の図のフローのようにすれば確実な個人認証を行え、技術的な課題や脆弱性の問題があったとしても不正が行われる可能性も極めて低いと考える。現状、マイナンバーカードを読み取って暗証番号認証の後に表面印字の情報等を表示するアプリは政府公式から提供されているのだから、これと免許証のシステムを照合して合致すればスマホ免許証なる物は安易に実現可能であり、まさに縦割り行政打破の象徴であると言えるだろう。警察側が「取り締まりの時どうする」と意見しそうだが、取締等で免許を読む際はNFC読取端末を配布してかざせば情報が表示されるようにすれば良いだけであり、取り締まりの利便性しか考えない事こそがまさに縦割りなのである。「スマホに入れるのは不安だ」という人もいるかもしれないが、強制ではなく任意として、板だけでも勿論有効、従来の板カード免許証と正規の手順で作成したスマホ免許証は同一の効力を持つと法律に明文化すれば全く問題ない。マイナポイントというお金を配ってもマイナンバーカードを作ってくれない中、国としても金だけではなくサービス向上という観点から起死回生を図りたい一心である事は想像にたやすく、私としてはこの施策を是非応援したいと考える。