首相指名に小泉進次郎一票 まさか本人?菅氏も苦笑

16日に衆議院本会議で行われた首相指名選挙で、出馬していない小泉進次郎氏に一票が投じられるハプニングのようなものがあった。菅氏は苦笑していた。本人はコメントを求められ「特にありません」とコメントした。
どうやら本人ではなく、丸山穂高氏が投票していたらしい。ネットでは「貴重な一票の無駄遣い」「学級会じゃないんだから」などと言われているが、国会議員であれば誰の名前を書いてもいいし、誰に投票しようが自由なのだからある意味健全な民主主義と言えるだろう。
将来的な首相候補として河野氏や小泉氏が挙げられているが、加藤氏が官房長官になった以上、順当なステップアップとして考えると加藤氏が次の首相になるか、はてまた安倍元総理が復帰するか、今回は緊急事態なので仕方ないにせよ、1年後の総裁選は見物であるといえるだろう。