菅新総裁 地方に10兆円 コロナ対策「スガノミクス」実施すべき

菅内閣総理大臣が誕生する事はほぼ確実であるが、菅氏は「コロナ対策」を重点に置いている。しかし、具体的なコロナ対策については言及せず、不妊治療の保険適用と携帯会社の電波料値上げしか言及しなかった。安倍政権でやってきたコロナ対策の補助金や給付金等の期間延長や拡大を実施すべきであり、コロナ対策を「スガノミクス」とすれば、自然に経済は回復するだろう。

具体的には、コロナについて国民に安心感を持ってもらう為、PCRや抗原検査の完全無料、希望者全員検査できるように、最寄りの医療機関等で検査できるように、また今後懸念されるインフルのワクチンとコロナのワクチンは保険適用どころか国が全額負担して完全無料に、また感染した場合の治療費や職場の消毒費用なども完全無料とすべきである。完全無料にしなければ安心して検査を受ける事はできない。また過去に治療費等を払った人は国が責任を持って全額返金すべきである。なぜならコロナは日本国政府、もっと言えば中国のせいなのだから、国が責任を持って最後までやらなければならない。菅氏は「自助共助公助・絆」と言っていたが、コロナ問題は公助の問題であり、さらに絆も必要だ。
さらに、誹謗中傷禁止法を創設して医療従事者や感染者への誹謗中傷禁止、またコロナ対策として国民全員への8万円現金給付、持続化給付金は100万/200万では弱いので、現在の10倍に当たる規模に拡大して再配布、さらに地方を重視する菅氏ならではの施策として、地方創成臨時交付金もこれまで1兆円/2兆円配布してきたが、10兆円規模で配布すべきである。1年の間なのでできる事は限られているが、コロナに関しては全て国が責任を持つので安心して過ごしてもらいたい、というようなメッセージを発すべきであり、その不安を取り除く必要があるだろう。コロナウイルスを完全に消し去る事は不可能だが、国民の不安を消し去る事は可能だ。国民の不安が消えれば経済も自然に回復していく事は言うまでもない。