JRホテルメッツ秋葉原宿泊記 駅0秒・風呂トイレ別で快適ステイ

ホテルメッツ秋葉原に宿泊してみた。2019年10月に開業した新しいホテルで、風呂トイレが別部屋になっていて一般家庭と同じような要領で負担少なく宿泊できるのが魅力だ。チェックインは機械で行うイマドキの方式で、フロントに無料のコーヒーマシンも用意されている。秋葉原隣接というアクセスの良さは大変魅力的だ。
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目17−4 電話:03-5294-1011 チェックイン 15:00 アウト 11:00

秋葉原駅の真横にホテルメッツ秋葉原はある。かなり立派な建物だ。

実際に入ってみるとバーのような高級な雰囲気を醸し出している。フロントのカウンターで無料のコーヒーマシンも飲める。

こちらがフロント。かなり上品である。実際にチェックインしてみると、なんと風呂、トイレが別となっていた。このクラスのホテルにしてはかなり衝撃である。激戦区と言われるアキバのホテルでも天下を取りたいJRの気合いが入っているといえるだろう。

薄型テレビが壁掛けされているのは空間の効率よい使い方という点で素晴らしい。ベッドの横にはデスクがある。ベッドはシモンズ製を採用。

デスクの中にはスマホ充電器、展開すると使えるデスクライトも入っている。

新築のホテルなので水回りは当然綺麗だ。トイレが別部屋になっているのはポイントが高い。風呂もバスだけのホテルが多い中、バスタブと風呂いすなども用意され通常のユニットバスを入れている点は素晴らしい。

枕元にはスマホを充電できるスペースや電源、USBも用意されている。冷蔵庫は忘れないように透明の冷蔵庫となっており、無音の機種を採用している。

下の階にはニューデイズもあり、館内には自販機もあり、洗濯機もある。秋葉原といえば山手線沿線の中でも比較的土地が余っていて、大きな規模のホテルを設計する事ができたのだろう。料金の割には比較的コスパが良いという印象で、外国人が泊まりに来ても「これが日本か、素晴らしい」と思ってもらえるホテルになっているはずだ。秋葉原に来た時は是非利用してもらいたい。