国勢調査、ネットで回答を 行政の諸業務に活用 個人情報聞かないので安心

国勢調査2020が開始された。国勢調査とは、家族構成や性別等を聞く事でその市区町村に住んでいる人口等を正確に把握するための調査であり、職業等の調査も行われるが、住所等の個人情報は収集しない。統計法によって回答義務が定められており、回答拒否や虚偽の報告など統計法に違反した場合は50万円以下の罰金となる。総務省は国勢調査を装った不審な訪問や金銭要求、暗証番号やクレジット番号などを聞く詐欺に気をつけて欲しいとしている。調査員は調査員証を携帯し、腕章をつけているので訪問時にモニター等で確認してもらいたい。ネット回答は9月14日から10月7日、郵送は10月1日から10月7日である。ネット回答は24時間可能で、非接触で安全であり、ネット回答すれば調査員が訪問に来る事はない。

国勢調査員は青い封筒を各世帯に手渡しで配るが、不在の場合はポストに投函していく。中にはインターネットで回答するためのIDとパスワードが入っており、総務省のサイトに入ってこのIDとパスを入力すれば国勢調査にパソコンやスマホから回答できる。質問する項目は非常に簡易となっており、スマホに慣れている人であれば一人あたり5分程度で回答できるだろう。もちろん郵送で回答するための書類一式や郵送用の封筒も入っている。一人ひとりの回答が自分の住む市区町村をよくして、国や市区町村等の自治体を動かす原動力になるので、是非回答してもらいたい。