「電車は運休ですが特急は運転」ってどういう事?ネットで話題

JR四国の「架線トラブルの為電車は運休ですが特急南風号は運転します」という掲示がツイッターで話題になっている。電車が運休しているのに特急が運転できるとはどういう事かと思うかもしれないが、これはJR四国特有の下のようなカラクリがあるからだ。
JR四国は徳島県内には架線が一切ない為徳島県を経由する列車は普通列車、特急含めて電車を走らせる事ができず、気動車で運行している。
電車・・・架線から電気を取り入れて動く列車。
気動車・・・燃料を電源として動く列車。
ちなみに南風号は四国四県をまたがって運転する特急列車であり、当然非電化の徳島も経由する。
つまり、JR四国にとっては南風=気動車であり、架線が切れていても動けるのだ。
電車と気動車は全くの別ものであり、都心で気動車を見かける事はまずあり得ないが、田舎に行くと未だに現存している区間も多い。電化にするには金が掛かるが、カネを掛けるだけの利用者数が見込めないならば無理に電化にする必要もないという経営判断なのだろう。JR四国は予讃線以外は赤字と言われており、特急を観光資源にすべくアンパンマン列車のラッピングを施したり色々やっているが、なかなか利用者数を増やせていないのが現状。岡山に人を吸われて終わりとならないように、斬新で新しい集客方法を考えてもらいたいものである。