タバコ値上げでコンビニ事務所にノルマ表…これって違法?

10月からJT銘柄では一箱50円という大幅な値上げが実施されるが、これをチャンスとみた本部が「増税前にカートンを買って」「予約して」などと客に呼びかけている。例えば500円のタバコが550円になる場合、カートン(10箱)で買えば500円お得になる計算だからだ。しかし、一部地域では従業員の名前を書くようなグラフを貼り出して、何件予約を受けたか成績を競わせるような事をしている店舗もあるようだ。

厚労省等のサイトによれば、ノルマに関しては
・過度で達成不可能なノルマは禁止
・不達成だからと言って降格、パワハラ、減給、何かを買わせる、給与から引く等は禁止
となっている。グラフを貼り出す事そのものは法的に問題ないにしても、最近の働き方改革でグラフを貼り出したり、個人間で競わせる事そのものが時代に合っていないという指摘も多い。競わせて成長する時代は既に終わっており、競わせてもお互いが消耗するだけでしかないからだ。
恵方巻きやウナギなど季節商材が出てくる度にグラフを貼っている店舗もあると聞く。従業員の安定的な雇用環境や働きやすい雰囲気を作るという点でも、個人等の名前を記載したグラフを貼り出したり、個人等の名前を記載して競わせるあらゆる行為は辞めるべきであると考える。