Androidスマホ 電池持ちを格段に良くするたった3つの方法

「スマホの電池持ちが悪い」という人がいますが、これまでも同様の記事は沢山投稿してきていますが、格段に効果のある方法を3つ発見しましたので、書いておきます。少し不便になるかもしれませんが、ご自身の利用形態等に合わせて判断して下さい。
①LINEの通知を無効にする
一部無効にするだけでも効果はありますが、完全無効にすると効果抜群です。
②カカオの通知を無効にする
こちらも完全無効にすると格段にサクサクになり、電池持ちも伸びます。通信会社はラインやカカオを入れた状態で端末を設計すべきですし、それらを踏まえた電池持ち時間をカタログ等に明記すべきです。ラインやカカオのメッセージを殆ど使っていないのであれば、通知を無効にして必要な時だけ起動して確認するようにしても実用上問題ありません。
③データセーバーをオンにする
設定→接続→データ使用量から入る事ができます。LTE等の通信をスリープ時は完全にオフにする機能の事です。通知が遅れる可能性がありますが、特に実用上支障はありません。
これら3つの方法を実施したところ、使い込むと6時間ほどで電池が切れていたのが、使い込んでいても24時間ぐらいは持つようになりました。また同時に端末もサクサクになり、ブラウジング等の基本的な動作がスムーズになりました。ラインやカカオ等と言ったアプリはなくてはならない物ですが、次から次へと新機能が搭載されて重くなっており、電池食いアプリとなっているのは事実です。コミュニケーションアプリを常時通知させるのではなく、使いたい時だけ使う、使いたい時だけ通知を受け取るのが一番賢い使い方なのでしょう。