大阪都構想 “都”になる訳ではない 誤解され進まない賛成票

大阪都構想の賛否を問う住民投票が11月に行われるらしいが、パッと名前だけ聞くと「大阪都になるの?じゃあ反対」「東京と一緒になりたくないから反対」「大阪市が廃止になるから反対」「大阪が壊滅するから反対」と思う人が多いかもしれない。これは誤解で、大阪都になる訳ではない。
一言で言えば、大阪府と大阪市の二重行政を無くすという物である。大阪市を廃止して複数の区に分割し、余ったリソースは大阪府に譲渡する。市が廃止になっても運営は分割された区が行っていくので住民サービスが低下する事はない。大阪府と大阪市は競ってタワーなどの公共施設をバンバン建設してきたが、これらの余計な箱物を作るのにも税金がかかっている。同じ場所に同じものが二つも三つも必要な理由がない。また施設等の統廃合によって住民サービスが低下する懸念もあるが、実際は殆ど統廃合されず何らかの形で維持され、大きく住民サービスが低下するとは考えづらい。それよりも東京でいう外環や首都高などの広域ネットワークの整備による経済活性化、二重行政による無駄な税金の支出、及び無駄な箱物作りの中止に伴う税金節約効果が大きい事は間違いない。あくまでも維新側も賛成票を得たければ住民の不安を払拭する活動、つまり「大阪における東京都をモデルにした構想」が「大阪都構想」である事を宣伝しなければならず、仮に都構想が実現しても「大阪府」がなくなるわけではない、住民サービスが大きく低下するわけではない、むしろ税金が節約されて住民サービスの向上に繋がるという事を強く宣伝していく必要があるだろう。