Galaxyスマホ「緊急時長持ちモード」驚愕の電池持ち1週間で災害時必須

Galaxyスマホには「緊急時長持ちモード」という機能が搭載されている。側面にある電源キーを長押しすると入る事ができる。キャリアやマスコミはあまり宣伝していないが、避難した際や停電した際にはこのモードが極めて役に立つ。Xperiaはバッテリー設定画面から入る事ができる。

動作するアプリはライトやブラウザ、テレビ、電話など災害に特化したアプリかつ最小限に制限され、入れているアプリの一部は利用できない事もある。写真にあるアプリの他、追加できるアプリはマップ、時計、電卓、カカオ、LINE、ツイッターのみである。アプリの利用を厳しく制限する代わりに、通常1日程度の電池持ちを1週間程度に延ばしたモードだ。ホーム画面や壁紙の変更も不可で、黒い背景にしかならない。なぜ背景が黒いかというと、有機ELは黒の状態では電力を消費しない為、黒い面積が多い方が省エネになるのだ。ちなみに終了するには同じように電源キーを長押しすれば元に戻る。九州の人でGalaxyの人は、緊急時長持ちモードで情報収集などをするのが良いだろう。