JCBはなぜマイナポイントに参加しない?JCBに聞いた

三井住友カードや楽天カードなどはマイナポイント事業への参加を表明しているが、一方で参加しないとしているカード会社もある。JCB等一部のカード会社はマイナポイント事業への不参加を表明しているが、なぜなのか理由を聞いてみた。

当社はマイナポイント制度への参加予定はございません。

コロナ禍において企業として対応すべき事項をふまえ、総合的に判断させていただいた次第です。

報道にありましたような手数料開示等の件とは関係ございません。

何とぞご了承賜りますようお願い申しあげます。

という事だった。一部報道で「キャッシュレス還元の時は参加してあげたが、手数料率を政府に公開された。恩を仇で返す行為だから参加しない」などとしている理由は否定した。現実的に、マイナポイント事業はチャージして使う電子マネーにとっては意味があるかもしれないが、カード会社にとってはあまり旨みはない。なぜならマイナンバーカード保有者かつ、一人あたり2万円までという上限がついており、一度登録した電子マネーは変更できず多くの利用者がクレジットカードではなく電子マネーやQR決済で登録するのは明らかだからだ。誰でも青天井に5%還元するキャッシュレス還元に比べると規模が劣るのは明らかだろう。カード会社としてもシステム修正などの経費を考えると割に合わないという考え方も一理あるだろう。消費者としても一部対応していないカード会社や企業等があるので、マイナポイントに申し込む時には注意してもらいたい。