銀行手数料”高すぎ”総理指示 キャッシュレス普及へ政府要請

かねてから高いとされている銀行手数料について、安倍総理が麻生財務大臣に指示し、来春から新方式が導入されるという報道があった。
自行だと100円程度で済むが、他行だと400円とか500円するケースも多い。数百円だから良いかと思っている人も多いと思うが、年間で数えればチリツモでかなりの額になるのは間違いない。銀行手数料が無料になれば金を移し替えるのも楽になるし、キャッシュレスサービスにチャージしたり、家族等とのやりとりもかなり楽になるだろう。

上はゆうちょ銀行で払い込みを利用した場合の手数料だ。オークション等の取引で手数料も込みで相手が払ってくれる場合やビジネス関係など全くの他人に振り込むのならまだしも、同一人物の場合や家族の場合であってもなぜ手数料を払わなければならないのかが理解できない。銀行は手数料商売と言われるが、手数料が必要なのは分かるが、あまりにもボッタクリ過ぎていないか。資金が豊富にある法人ならまだしも、金がない個人から金をむさぼり取るのは理解できない。企業からすれば500円ぐらい誤差のようなものかもしれないが、個人にとって500円というのはランチに相当する貴重な金なのである。本当に現在の手数料がコストに見合っているのか、過剰に利益を乗せていないか、消費者の不利益になっていないか、手数料完全無料や完全廃止も視野に入れて銀行はよく考える必要があるだろう。また菅官房長官は「地銀が多すぎる」などと発言していたが、各都道府県に代表的な地銀は1種類程度で十分である。コンビニATMで全ての銀行が24時間預入及び引出できるように、スマホで現金が引き出せるように、銀行によっては自行ATMで他行のカードを入れたら弾かれるのも腹立つので改善してもらいたい物だ。