安倍総理、各国首脳から見舞ツイート殺到で「1年休んでまた総理に」声多数

マスコミは一切報じていないが、安倍政権の外交面の強さを示すエピソードがある。安倍総理は過去に80カ国176地域を訪問し1,581,281km、地球39周分を飛行したとされているが、辞任表明後、各国首脳から体調等について心配するツイートが殺到していたのだ。歴代の首相でもこれだけの量のお見舞いが来る事はまずあり得ないだろう。そして、数日後、まず返信したのはトランプ大統領だ。トランプと安倍総理の仲が深いのを考えての事だろう。トランプ大統領からは
Just had a wonderful conversation with my friend, Prime Minister @AbeShinzo

of Japan, who will be leaving office soon. Shinzo will soon be recognized as the greatest Prime Minister in the history of Japan, whose relationship with the USA is the best it has ever been. Special man!
私の友人である首相と素晴らしい会話をしました
@AbeShinzo
まもなく退任する日本の首相です。晋三は間もなく日本史上最高の首相と認められ、米国との関係はこれまでで最高です。特別な男!
というツイートがあり、これに対して安倍総理は
Donald, thank you for honoring me with your kind words. Since I first met you at Trump Tower in New York four years ago, we have developed a deep relationship of trust and had so many bilateral meetings and phone calls. Our partnership has made the Japan-U.S. relations more robust than ever before. My friendship and trust with you, Donald, means so much. I appreciate your friendship from the bottom of my heart.
ドナルド、温かい言葉をありがとう。4年前、NYのトランプタワーで会って以来、ドナルドとの深い信頼関係の下、数多くの往来、電話を重ね、日米関係はこれまでになく強固なものとなりました。ドナルドとの友情、信頼関係は、大切なものです。ドナルドの友情に心から感謝します。
と返信した。

とりあえず安倍総理が返信していたツイートは現時点で、ポーランド、台湾、アメリカ、イスラエル、カタール、ネパール、モルディブ、パキスタン、スリランカ、EU、ベルギー、アラブ首長国連邦、インドネシア、カナダ、イギリス、オーストラリア、インドだ。
アラビア語で返信している所を見て「アラビア語もできるのか最強だな」「読めないけど凄い」「1年後また戻ってきてほしい」「日に日に寂しくなる」「安倍総理万歳」などといった温かいコメントが寄せられている。
そのうち、ポーランドとアメリカの首脳からはわざわざ日本語で首相宛にツイートされており、国としての仲の良さというか配慮を感じる所である。一方、韓国からは見舞ツイートはなく、当然首相も返信していないようだ。安倍総理は1年後の再登板を否定していない。「もとより、次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たしてまいります。そして、治療によって何とか体調を万全とし、新体制を一議員として支えてまいりたいと考えております」という言葉を深く読むと、菅政権になったとしてもその次に適切な人材がいなければ自分が最後までその責任を果たすというようにも読める。政界引退もしない事から、体調を整えて1年後再び総理になることは当然ありうる話だ。国内はもりかけさくらなどマスコミが必死になって叩いていたが、マスコミは外交面は殆ど報道しなかった。内閣支持率が退陣表明後に急上昇する首相など聞いた事のない話であるが、退陣表明に当たって調べてみたら外交面に秀でた優れた宰相だという事が国民全員に知れ渡ったのだろう。1年間は菅政権になるにしても、その次誰にするかは人によって評価が分かれそうな感じである。