新政権がやるべき26の課題 “スガノミクス”爆誕?!

新政権は、マイナスの経済をプラスにしていくというとてつもない命題を抱えての船出となる。アベノミクスは地上にいて山登りをするだけでよかったが、新政権は地下のトンネルで見えない暗い洞窟から地上を目指すというとてつもないミッションを課されているのだ。私はこれを「スガノミクス」と呼びたいと思う。その為には従来の枠組みや前例に囚われず、大きな財政出動が必要であるのは言うまでもない。以下にアイデアを列挙しておくので政府の皆さんはぜひ参考にしてもらいたい。

・消費税引き下げ(まずは8%、廃止も視野)
・社会保険の保険料を全員半額に
・高速道路の料金を普通車と軽自動車限定で半額あるいは一律1,000円に
・自動車税、自賠責保険料半額に
・新車を購入する時にかかる税金をゼロ円に
・携帯電話料金を半額に(差額は政府が補填)
・国民一律5万円または8万円の現金給付
・ガソリン税廃止
・タバコ税を大幅値上げし、一箱1,000円に
・キャッシュレス還元復活(20%)
・医療従事者や感染者への差別及び誹謗中傷を禁止する法律の創設
・感染者の治療および療養にかかる医療費を全て無料に
・NHK受信料完全無償化、または2割下げさせる
・MNP完全無料化および引き留め禁止が明文化されたが、これに加えてSIMロック解除時の自社料金プラン及び引き留めの禁止、SIMロック解除済端末の販売義務化及びSIMロック手数料完全無料化
・通信会社における全ての「事務手数料」を完全無償化
・感染症の影響でシフト等が減ったアルバイトの収入補償を10割に
・免許更新のオンライン化
・学校の授業料や給食費をクレジットカードやバーコード決済で払えるように
・役所の文書発行費等をクレジットカードやバーコード決済で払えるように
・医療機関の保険治療においてクレジットやバーコード決済で払えるように義務化
・医療機関の継続治療において、次の治療の支払はいくらかかるのか客に予告する事を義務化
・代行収納等の64円や128円等といった手数料を客に請求するのを禁止。業者負担とすべき
・平日は9-19まで、土日も役所窓口開けるべき
・小中高、大学でオンライン授業となっている学校における授業料以外の施設使用料等を政府が全額返金
・オンライン授業となっている塾や予備校などの授業料を半額政府が返金
・コロナワクチン、インフルエンザワクチンを全国民無料で接種可能にする
・希望者全員無料でPCR検査ができるようにする
要は国への支払額を減らせばその分余った金で経済を回してくれるだろうという事だ。財源財源というかもしれないが、財源は国債でよく、一年後これで経済が復活すれば回収すればいいだけの事だ。現に海外では経済が崩壊したとして消費税を下げている国も存在する。日本が消費税を下げないとしたのはアベノミクスに影響が出るからだろうが、安倍総理が退陣する以上、アベノミクスを名乗る必要はなく、アベノミクスを名乗らないのであれば当然消費税引き下げも可能だ。次期総理の考えで経済再生を進めていく必要があるだろう。