煽り運転厳罰化で走行車線での煽り増加?! 全車線煽り禁止

いわゆる煽り運転厳罰化が6月30日に施行された。煽り運転が道交法に規定され即免許取消になった事で、今までのように露骨に追越車線において煽り運転をする人は減ってきている。また、追越車線をなるべく空けようという意識も醸成されつつあるように感じる。しかしその分走行車線に車が集中し、走行車線の中でまた別の煽りが起きているようにも感じる。追越車線ならまだしも、走行車線で煽るのは意味が分からないが、彼らはきっと急ぎたいのではなく弱い者いじめ、あるいはストレス発散、ギリギリのスリルを楽しみたいだけなのだろう。
ちなみに今回の改正道交法(煽り運転)は、追越車線ではなく走行車線であっても当然アウト、本線ではなくランプであってもアウト、料金所であってもアウトである。さらにいえば高速道路のみならず一般道での煽りも当然免許取消となる。報道等では「高速道路の追越車線で煽れば免許取消」のように聞こえるかもしれないが、高速道路及び一般道路でのすべての煽り運転を禁止する、いわば劇薬的な法律である事を理解する必要があるだろう。