高速の上り下りとは?キロポストとは?緊急時に役立つ知識まとめ

高速道路を走行中において、車に異常事態が発生したり、あるいは事故等が起きた場合に、警察あるいは高速道路会社、保険会社等に一報を入れると思うが、基本的には保険会社やJAFに一報を入れれば警察消防、あるいは高速会社にも全て連絡を入れてくれるケースが多い。その時にほぼ必ず聞かれるのが「何道路ですか?上り下りは?キロポストは?」である。どこの道路ぐらいはナビにも出るので答えられるかもしれないが、上り下りなど分かるわけない。キロポストも道路の左右に張ってあるから歩いて探してこいと言われるが、運が良ければすぐ見つけられるものの、100mおきの設置なので理論的には最大100m走らなければならない事になり、その分時間ロスが発生する。事故処理は速く片付けないと大規模な渋滞の発生の元になるので、通報する側も素早い対処が求められる。
基本的に、上りと下りの概念は以下の通りだ。
上り:田舎から都会へ
下り:都会から田舎へ
例えば東北道の場合、浦和→青森方面が下り、青森→浦和方面が上りとなる。上りか下りかは看板にも書かれておらずナビにも表示されないので分からない場合は、ICの順序を順に言っていくか、あるいは行き先、○○方面などと言えば伝わる事が多い。
キロポストについては、高速道路の位置を理論的に分かり易くするために本線上は100m、ランプ等は20mおきの設置を行っているものであるが、パニックになっていて見に行く余裕がないかもしれない。その際はナビに表示されている「○○ICの○km手前」あるいは「○○SA/PAの○km手前」みたいな曖昧な情報でもよく、キロポストを聞かれても必ずしもキロポストで答える必要はない。これらの情報を覚えておけば緊急時でも落ち着いて対処できるはずである。緊急時に路肩に駐車する場合は後続車が追突してくる恐れもあるので、できる限り車内に留まらず路肩の外の安全な場所で待機してパトロールカー等が到着するまで待つのが一番である。