GOTO利用で東北新幹線に乗る旅 大宮-仙台宿泊込で2万円!

GOTOの醍醐味は宿泊のみならず、行き帰りの交通手段も割引になる事だ。そういえば東日本管内の新幹線に乗っていないなと思い、東北新幹線「やまびこ」に乗って仙台に行く事にした。普通に取るとGOTO適用にはならないが、JR東日本の「びゅう」から適用プランを探すと適用済価格で予約する事ができる。大宮-仙台は定価だと指定席で片道11,000円ぐらい、ホテルは仙台駅で一番有名なメトロポリタン仙台で公式サイト経由だと17,000円で通常だと合計39,000円するがパックで値引され販売価格は合計32,000円、そしてGOTO適用で往復2万円となった。2万円で新幹線往復、かつ高級ホテルも込というのはなかなかないだろう。高速を使っていくとしてもこれ以上になり、さらに自分で運転しなければならず、所要時間も新幹線の1時間半に比べ4時間近くかかるので新幹線の優位性は確かにある。
今のご時世なのであっち行ったりこっち行ったりはできず駅周辺を散策してホテルに泊まって終わりになりそうだが、JR東が少しでも元気になり、経済が活性化するならそれでもいいだろう。

ネット上でクレジットカード番号を入力して決済し、新幹線のチケットは指定席券売機でメールに書かれた番号を入力して受け取る。こちらは大宮駅。12:02のやまびこに乗車する。

東北新幹線 やまびこがやってきた。

過去に高須院長が新幹線の写真を投稿されていたが、全体の乗車率は1割程度で、一列丸ごと空いていてほとんど空気輸送だった。JR東が赤字になるのも頷ける。

仙台駅に着いた。かなり広い。

和を意識した駅舎になっているが、外国人客はほとんど見当たらない。

外に出てみるとだだっ広い空間が広がっていた。東北の大きな新幹線駅はどこもこんな感じである。

びゅう窓口ではGOTOを必死に宣伝していた。岩手県の知事に否定されようとも観光業や宿泊業からすれば死活問題なのである。

仙台駅近辺でS-PALの横にそびえたっている建物がホテルメトロポリタン仙台である。似たような名前で、ホテルメトロポリタン仙台イーストというのがあるが、場所が反対かつ休業中なので注意。

左写真がホテルだ。30年前のバブル期に建てられたようでかなり豪勢な作りになっているが、駅の真横というだけあって利便性は非常に良い。右は駅前にある商店街。仙台の治安の良さがにじみ出ている。

「杜の都」というだけあって、樹木を生かした街作りがされており、駅周辺のペデストリアンデッキにも花が植えてある。仙台は治安が良いと良く言われるが、この写真を見れば一目瞭然であろう。

仙台駅まで結ぶ東西自由通路も綺麗に整備されており、ゴミ一つないのには驚いた。右写真は仙台駅新幹線改札内にある待ち合わせ場所。自然を生かした、まるで実家に帰ってきたかのような安心感がある。

こちらは復路。駅ナカで珈琲を買いつつ出発。JR東海はスクロールニュースを廃止するという発表をしていたが、JR東はちょくちょくスクロールニュースが流れていた。「やまびこ」は車内販売はないので予め売店等で飲料等を購入しておくことが望ましい。感染対策に気を付けながら新幹線で旅をするというのも悪くない選択なので、安く旅行したい人はぜひGOTO適用で旅行してもらいたい。