一本640円?! 渋谷に超高級缶コーヒー自販機登場 現金不可の衝撃

自販機といえば120円や150円が主流の中、なんと渋谷に「一本640円」という超破格のコーヒー自販機が登場した。300円や400円はよく見かけるが、640円というのは缶コーヒーとしては日本で一番高いだろう。その商品も普通の缶コーヒーではなく、「ブルーボトルコーヒー」となっている。三井リパーク内に併設されているので車での来場も可能だが、その料金も超破格で600円/10分(青天井)となっている。
住所:東京都渋谷区渋谷1丁目9-14

渋谷区役所の近くで超一等地なのは分かるが、それにしても人生で一番高いコインパーキングと言っても過言ではないだろう。駐禁取られるより安いのは事実ではあるが。と見てみると、駐車場の中に白い自販機があった。

こちらがその自販機だ。昼間なのに電気が煌々とついているあたり、高級自販機の証なのだろう。完全キャッシュレスとなっており、現金は一切受け付けない。交通系かクレジットカードでの支払のみとなる。現金を受け付けない事で日々の精算や両替業務の軽減、強盗やこじ開けリスクは皆無と言えるだろう。まず欲しいボタンを選択するように指示が出る。

欲しいボタンを押すと画面に支払方法が出てくるので、交通系またはクレジットカードを選ぶ。クレジットカードを選ぶと、非接触またはスリット、または差し込むように画面に指示が出る。タッチ決済の場合のみ非接触が利用可能だ。

タッチ決済にて決済を行う場合は、このようにカードをかざして決済を行い、承認されたらコーヒーが出てくる。今回は640円のブライトコーヒーとボールドコーヒーを購入した。カードで買うから640円ぐらい安く見える、それも策略なのかもしれない。

価格はシャッタースピードの関係で上手く撮れなかったが、640円と記載されている。

コーヒーの粉などは1620円や1980円で購入可能。こちらも自販機とは考えられないぐらいメチャメチャ高い。裏のパッケージを見てみるとどうやら海外から輸入している商品らしい。そりゃ高くなるのも当然だろう。実際の味はどうか。家に持ち帰って氷で薄めて飲むのがちょうど良いらしいが、今回はそのまま飲んでみた。確かに豆からひいていて高級感はかなり感じるのだが、海の味というか缶コーヒーと思って飲んではいけない。スタバのブラックコーヒーと思って飲むとちょうど良いだろう。ゆえに各自でミルクやガムシロを入れるなどして味付けすればそれなりに日本人好みというか飲みやすくはなる。BRIGHTとBOLDの差が激しすぎて、BRIGHTは水っぽくて女性でも飲みやすいが、BOLDはBRIGHTの5倍ぐらい濃いので要注意。通りすがりの地域住民は「あの自販機は高いからね」みたいな目を向けながら、あまりの価格の高さにスルーしていた。お金持ちの渋谷区民でも高い、そりゃそうでしょうね。コーヒーそのものはさておき、完全キャッシュレスという点でも時代の流れを感じさせる自販機なので、興味のある人は是非買ってみてもらいたい。