セブン、公式アプリにペイペイ導入 騒動1年で自社ペイ断念

ペイペイは、セブンの公式アプリにペイペイが導入されると発表した。10月以降の導入を予定。セブンペイが不正アクセス等の問題によって廃止されてから1年が経ち、他社コード決済の導入でお茶を濁していたと思われたが、やはりセブンも諦めてはおらず、公式アプリ上でシームレスにコードを表示する事が最終系だったに違いない。自社でペイを作るのは諦めて他社のプラットフォームをそのまま入れ込むあたり、負けを潔く認めたわけで今までのセブンだと絶対にありえなかった事だが、考えが変わったという事なのだろう。
ペイペイのアカウント登録なしでもセブンアプリ経由のペイペイは利用可能だが、チャージは銀行ATMチャージのみとなる。ペイペイのアカウント登録を行うと銀行口座チャージ等、その他の方法も利用可能となる。便利にしすぎて脆弱性が露呈するとまた前回みたいになるので、次こそ問題を起こさないようにしてもらいたい。
今回自社アプリに他社コード決済を取り込むという方法を取ったが、もう一つアプローチがある。ファミペイを使うという手だ。せっかくコンビニ大手三社で唯一トラブルもなく稼働しているペイ、ファミペイがあるのだから大手三社で協力して「コンビニペイ」にすれば相互送客も図れるのではと私は思う所であるが、コロナでコンビニ事業も厳しくなっている現在、各社で協力していく部分は協力していく姿勢が求められているに違いない。