CompatTelRunner.exeを停止してWindows 10を軽くする方法

Windows 10を起動すると、1分近くHDDがガリガリ言ってることがあります。
高速なSSDでは影響ないかもしれませんが、HDDは大量のファイル読み書きが行われていると、他の動作も遅くなりパソコン操作に支障が出ます。
リソースモニターで探していると、
CompatTelRunner.exe
が犯人と判明。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(マイクロソフトへの情報提供)に関するアプリケーションですが、これに同意していなくても強制的に起動し、起動時に怪しげな動作をします。

これの停止方法ですが、
タスクスケジューラ→タスクスケジューラ ライブラリ→Microsoft→Windows→Application Experienceと進み、Microsoft Compatibility Appraiserを右クリックで停止後、無効にします。
ただし無効だと勝手に設定変更される可能性があります。抹消したい・勇気のある方はこの項目ごと削除してしまっても良いと思います。(このタスクはCompatTelRunnerを起動するだけのタスクですので)

余談
ついでにMicrosoft→Windows→Customer Experience Improvement Programや
Microsoft→Windows→DiskCleanUp、Microsoft→Windows→Windows Error Repotingも不要なので止めましょう。

しかもHDD以外にもCPUリソースも食っているようで、無効にした途端軽くなりました。PCの寿命が延びるような気がしますね。
むしろ無駄なアクセスをしまくって早く壊してPCを買い換えさせる策略なのか…?!
Windows 10にはこのように怪しい機能が自動で組み込まれていますので、注意してください。