マイナポイント auPAY登録してみた セブンのコピー機で可能!

マイナポイントの登録が7月から始まりました。マイナンバーカードの取得が必須となりますが、各自でお好きなキャッシュレスサービスを1つ選び、そのキャッシュレスサービスをチャージまたは利用する事で最大5,000円分の還元が受けられる政府のポイント還元策です。チャージした時にもらえるのか、利用した時にもらえるのか、即時還元なのかそうでないのかは各事業者が決めます。また一度申し込んだ事業者は変更できないので事業者間の登録合戦も加熱していてWAONは+2,000ポイントあげます、au PAYは+1,000ポイントとか色々やっていますが、単純に計算すると今後7ヶ月間で20,000円使う、つまり月2,875円以上使うキャッシュレスサービスを登録した方が最大限の還元を受けられるのは言うまでもありません。今回私はau PAYは過去の実績を見ても月に2,875円以上確実に使っているのでau PAYで登録する事にしました。著名な所でd払い、nanaco、Edy、ペイペイ、楽天ペイ、LINEペイも対応しています。プラスでもらえる還元額だけに気を取られがちですが、変に背伸びをせずご自身が普段使っているキャッシュレスサービスを登録した方が絶対に楽です。登録は役所でもできますが、コンビニだとセブンとローソンでできます。セブンは8月末まではコピー機、9月からはATMで登録(予約申込)ができます。この記事と重複している部分もありますが、一応書いておきます。

まず登録にはマイナンバーカードが必要なので準備しておきましょう。次にコピー機の行政サービスで、マイナポイントを選択します。

マイナポイントの大きいボタンを押します。次に、マイナンバーカードをコピー機にセットして、次へボタンを押します。

規約に同意するにチェックを入れて、次の画面に進みます。チェックボックスが小さいので注意しましょう。次にどのキャッシュレスサービスにするかを選択します。例えばau PAYの場合はau PAYの欄を選択して、選択ボタンを押します。au PAYの場合、バーコード決済のほうは「au PAY」でプリペイドカードの方は「au PAYカード」になるので注意して下さい。

再度規約が出てくるので同意します。そうすると各事業者が用意した画面に切り替わります。各キャッシュレスサービスには個人を識別するIDが振られていますが、そのIDを入れる事で紐付けされます。決済サービスIDとセキュリティコードにどういう番号を入力するかはこの画面で指示されます。

次に決済サービスIDとセキュリティコードを入力する画面に切り替わるので、事業者の指示に従って入力します。ここを間違えると還元されないハメになってしまうので、3回以上入念に確認して絶対に間違いがないようにしましょう。どうやって入力するのかという話ですが、ボックスをタッチするとキーボードが出現するので問題ありません。

申し込み情報が正しければ次へ進みます。といっても肝心な確認したい部分が*で隠されているので慎重にやりたい人は戻って入力しましょう。
次に、マイナンバーカードの「利用者証明用パスワード」を入力します。カードを作る時に役所で設定した4桁の数字ですね。3回連続で間違えるとロックがかかって面倒なので間違えないようにしましょう。

マイナンバーカードを外すように指示が出ます。その後、ご自身の携帯番号の下4桁を入力します。

最後に確認画面が出て、次へボタンを押すと申し込み完了となります。数日後、アプリを開くと「お申し込みありがとうございました」という画面に切り替わっていました。これで9月からマイナポイントがもらえるようになります。

ちなみに本当に申込ができたか気になるという人は、NFC搭載のスマホで「マイナポイント」アプリを入れて、利用者証明用パスワードを入力してマイナンバーカードをかざすと申込状況を照会する事ができます。掛かる時間や労力を含めると5,000ポイントもらえても割に合わないという人もいるかもしれませんが、難しく見えて実際やってみると簡単ですので、まだ登録していないという人は是非登録してみて下さい。