埼玉県、TikTok公開停止 個人的に”素晴らしい英断”

埼玉県は、「日中安保の問題」「県民の反発感情がある」などとしてTikTokの公開を一時的に停止した。他の自治体も停止を検討している模様。TikTokに関しては中国発祥のアプリであるが、米国では中国に個人情報が流出するという懸念があるとしてトランプ政権が禁止や排除を命令している為、米国に倣おうという自治体が多いのだろう。情報流出の点については定かではないが、アメリカのユーザーが数秒おきにクリップボードのデータを読み取っている動画を投稿していた。
個人的にはYouTubeで大量の広告が撒かれているので嫌いであるし、あの巨大な文字テロップ、若者のふざけたような動画が多数出てくるので個人的には嫌いである。行政のアカウントはしっかりされているのでいいにしても、全体的に若者のふざけたSNSという印象が強い。
最近はグーグルやマイクロソフト等でも個人情報保護の動きが強く求められている中、TikTokが個人情報を収集していたとすればかなり問題である。もともとトランプ大統領の選挙集会で「100万人が申し込んでいる」予定が殆ど空席であった事が騒動の始まりとされている。企業価値でも米国の独壇場だった所にTikTokが割り込んできたという懸念が強く、米国は排除に動いているのだろう。日本でもツイッター等を脅かす存在になりつつある訳で、個人情報の問題があるならば政府として排除の動きに出てもおかしくないだろう。