JT、たばこ税増税で一箱50円値上げ発表 タバコ離れも一因か

JTは10月1日から、たばこ税増税に伴い価格改定を行うと発表した。たばこ税増税自体は1本あたり1円、つまり20本入りであれば一箱20円であるが、タバコを取り巻く環境等の変化を踏まえそれ以上の値上げを行う必要がある事から、一箱50円の値上げに踏み切る。他社は発表がないが、JTと値上げ幅を揃えてくる可能性は高いだろう。

詳細はJTの公式サイトに掲載されているが、基本的に殆どの商品が50円値上げとなる。私はタバコは吸わないので断固拒否というか早急に一箱1,000円にしてくれと強く思っているが、政府も値上げの方向性は示しているものの微々たる幅の値上げしかしない。吸う人は一箱1,000円になっても吸うんだからバコンと上げてしまえば良いのにと思うところである。タバコ会社は最近税の抜け穴と言われている加熱式タバコに力を入れているが、私は「加熱式タバコ本体」にもたばこ税を掛けるべきと思うところである。なぜならそれは本体を使って吸うのであれば当然たばこ税を掛けてしかるべきと思うところであり、なぜ国もこの議論をしないのか不思議である。消費税を上げる前に、保険料を上げる前に、たばこ税を上げればもしかすれば消費増税の時期を遅らせる事もできるのかもしれない。