泉佐野市、タオルで復帰 ふるさと納税勝訴受け

泉佐野市が総務省から新ふるさと納税制度への参加復帰を認められた事を受け、返礼品の受付を再開した。新ふるさと納税では法律に基づいて「地場産品」「返礼品の価格は寄付額の3割まで」と定められているが、この新ルールに則って、新たに泉佐野のタオル230種を返礼品として追加した。

今後アマゾン等のギフト券を加えるキャンペーンは実施しない方針という事で、過去の過ちは反省し、ルールに基づいて他の自治体と公正公平に競争するのであれば全然大歓迎だ。寄付額が国外に流れるような事はあってはならないし、換金性の高いもので客を釣る、あるいは換金性の高いものに税金を使うのは税金の趣旨から外れているので、これらは絶対にしないよう新制度の下で頑張ってもらいたい。