最高速度 首都高80km/h、外環100km/hにすべき 倉庫急増で渋滞頻発の現実

東名と常磐道、東関道での最高速度引き上げが発表されたが、確かにこれはこれで評価されるべき部分ではあるが地方区間のみリミッターを解除している印象で、警察庁は本家本丸には攻め込んでいない印象だ。一番制限速度を上げるべき区間は、首都高と外環である。首都高は殆どの区間で最高速度60km/hと規定されているが、61km/h以上は違反とすればほぼ全員が引っかかるだろう。関東以外の人からすれば「60km/hで高速なんて、まるで首都低速道路じゃないか」と揶揄されるのがオチである。また外環についても80km/h制限となっているが、同様に81km/h以上は違反とすればほぼ全員が引っかかるに違いない。外環と首都高については過去に国交省が資料を公開している。

埼玉県に聞いたが、同様の回答となった。

お問い合わせの外環道につきましては、80km/h対応の道路規格で整備されておりますので、これ以上の速度での規制は出来ないと考察されます。

法律上、設計速度以上の制限速度としても全く問題はない。なぜなら法律で定める制限速度は「その速度で走れ」というものではなく、「その速度以内で走る」ものであるからだ。ねずみ取りで引っ掛かった時に引き算されるだけで、各々が安全に走れる速度で走れば全く問題は起きないのである。どうしてもそれがネックならば設計速度を上げてしまえばいい。実際に首都高や外環を走れば分かるはずで、この二つの高速道路における実勢速度は法定速度よりも2割程度高いという調査結果も出ている。首都高は路線によって極端にカーブが多い区間などがあるのでそういう部分の調査は必要であるが、安全と認められる区間については80km/hにしても全く問題ないだろう。なぜなら実勢速度はその値に近く他路線に比べて死傷事故が少ないという結果も出ているのだから。また圏央道はまだ片側1車線であるが、全国の片側1車線高速で中央分離帯がワイヤーもしくはコンクリで区画されている場合には安全性が高いとして70km/h制限を90km/h制限に引き上げるべきである。外環についても早急に全線6車線化すべきと考えるが、仮にやるにしても5年以上掛かる話でありそれまでに沿線倉庫等の建設が急増し、人や物を早く届けたいニーズが高まるのは間違いないので、設計速度や最高速度の見直しでお茶を濁すというやり方もアリだろう。