無断RTで著作権法違反 最高裁で確定 どういう判決?

ツイッターの無断リツイートだけで権利侵害に当たるという最高裁の判決がニュースになりました。これは、写真家のサイトを第三者がその写真をつけてツイートし、その時には作者名が表示されるが、それがリツイートされた場合には作者名部分がトリミングされて作者名が消えるという仕様によってリツイートした人は著作者人格権(同一性保持権と氏名表示権)を侵害し得るという結果になったものです。著作者人格権とは著作権の中にあって、その画像に名前を入れる事でその人が作ったという権利を主張できるものです。ツイッター社は何らかの対策が求められるでしょう。

今回は例として写真家の名前をtanakaとしていますが、このように名前が消えれば侵害になるという事です。「トリミングされるのはツイッターの仕様であってリツイートした人は制御できない」というのはごもっともであるが、作者がこれを認めていない以上権利侵害になるという事なのでしょう。世の中には自由に使っていいというフリー素材が沢山あるので、自由に使って良い写真素材のみを使用し、このようなサイトの写真を使う場合は規約を必ず確認しましょう。特に写真家は権利にうるさい人が多いので注意。またこの法律の解釈によっては今後ツイートやリツイートもコピペ(権利違反)として扱われる可能性が高いので、例え良い写真や画像だとしても安易にリツイートしないように注意しましょう。