ネット民歓喜!セブン、Anker製品を都内一部店舗で販売開始

セブンが、東京・目黒区、大田区、品川区、長野県の一部店舗でAnker製の充電器を発売開始した。公式にリリースは発表されていないので、おそらくテスト販売と思われる。Ankerといえばネット民御用達のメーカーで、amazonで充電器と調べたら上位に出てくるぐらいのメーカーであり、その性能や信頼性はピカイチである。コンビニといえばセブンというように、充電器においてはankerだ、というぐらいanker信者は極めて多い。

実際に都内の店舗に行ってみた。Apple製のアクセサリーも販売しているようだが、その上段に設置されていた。万引き防止のため本体は置かれず、カードのみで、レジで本体と引き換える形式のようだ。価格はネット最安値の1.5倍ぐらいするが、コンビニ価格と考えてもべらぼうに高いという印象は受けない。従来コンビニ店頭に並べられていた謎のメーカーの高価格充電器よりは安くて高性能な印象だ。コンビニ店頭に置くにあたっては性能や信頼性、安全性、またサポート体制がしっかりしていないと本部は許可しないわけで、Ankerはその審査を通過したという事なのだろう。特にコンビニ店頭の電化製品、つまりスマホ充電器やSDカード、USBメモリ関係は5年以上前の商品を5年以上前の価格で販売しており、客からも「値段が高い」と苦情が殺到し、時代遅れ感が指摘されていた。ローソンやファミマはどう追随するのか、今後の動向に期待したい。