「現金の受渡しはトレーで」実はあまり意味ないのでは?

コロナウイルス対策として、現金をトレーで受け渡す行為が殆どの小売店で通例となっているが、あくまでもイメージであって、不特定多数が触れている現金に触る行為そのものが既にアウトという可能性が高い。なぜなら仮に現金にウイルスがついていた場合、店員が手で計算して渡す店舗の場合には店員の手には必ず触れる上、トレーの上に渡すにしてもレシートの上に渡すにしてもどちらにせよ全く手に触れないという事は極めて難しく、レシートをそのまま使って財布に入れる場合ならまだしも、トレーから小銭を取るのであればそれは触れている事になるので意味が無い。
一部の客は「トレーに置け」とか指図、指示、命令してくるが、だったら「店に来るな」「セルフレジ使え」「現金使うな」と言いたい所である。多くのコンビニではsuica等の電子マネー、クレジット決済、バーコード決済等に対応しており、殆どの客は1つ以上の非接触決済手段は利用可能なはずだ。なのに使わないのはなぜなのか。キャッシュレス還元が終了したとはいえ、非接触決済はまずレジに触れる事がないので非常に衛生的だ。
現金には高い匿名性があり、DQN客を中心に現金客は多い。どこの誰が何を買ったか知られたくない、おそらく身元特定や身バレを嫌ってあえてやっているのだろう。「情報漏洩が心配」とか「残高が消えたら困る」とか「何買ったかバレるのは嫌だ」などあるかもしれないが、ウイルス防止対策と称して対策になっていない事を対策と思い込む行為に比べればちっぽけな言い訳だ。時代はキャッシュレスだ。かたくなに乗り換えようとしないシニア世代も、一旦プライドを置いて頂き、キャッシュレスを真剣に検討してもらいたいものである。