サーバル脱走「すっごーい!」アニメ人気も特定動物の為個人飼育は困難

静岡市葵区の個人宅からサーバルキャットが脱走したという報道があった。サーバルキャットといえば「すっごーい!」「たーのしー」「フレンズなんだね!」でおなじみのけものフレンズで一躍有名となり個人でも飼いたいという人が多くいるが、アニメの中のサーバルちゃんとは異なり、実はかなり危ない動物である。見た目は猫の耳が長くなっただけのように見えるが、身体能力は猫の何倍も上だ。サーバルのお値段は100万円以上するうえに、特定動物に指定されている為以下のような厳しい制約を受ける。
・都道府県知事の許可を受ける事(飼う前に自治体に相談し、かつ現地の立ち入り検査が必要)
・檻などの脱走防止設備および動物の体力に応じた十分な強度を備える事(住宅の場合、住宅内に檻を設置する)
・施設外で飼う事の禁止
・檻から出すのは1時間未満(都道府県知事の許可を受けた場合はこの限りではない)
・第三者との接触を制限する
・特定動物の標識設置
・マイクロチップ等による個体識別措置
これらを全て満たさないと、都道府県知事の許可は下りない。よって個人で飼育するのはよっぽどの資金がないとかなり困難といえるだろう。
最近は個人でも特定動物を飼いたいという人が殺到している為、安全確保の面から令和2年6月1日からは新規で愛玩目的で特定動物を飼う事は許可されなくなった。既存の特定動物の継続飼育や動物園等の業務目的、公益目的は引き続き許可される。脱走させた人の特定動物許可が取り消しになるのは間違いないが、アニメ等で放映されたからといって軽い気持ちで特定動物を飼うのは止めて頂きたい。既存の許可を保有している人も改めて設備等に緩みがないか、脱走防止設備等が適切に働いているか再確認してほしいものである。