イマドキは”削らない” “抜かない”歯医者が主流?

歯医者と言えばピンからキリまであるとか、コンビニより多いなどと言われるが、その治療方針も歯医者によって様々だ。普通の歯医者は「削る」「抜く」が当たり前で、バンバン削って、バンバン抜いて、20回、30回通わせるのも当たり前だ。歯を抜く事でその歯の治療をしなくてよくなり、かつ効率よく治療でき、さらに効率よく点数を稼げる。しかし患者からすれば麻酔が掛かるので体力的及び精神的負担が大きく、しばらく痛みが続き、抜いた歯が元に戻る事はない。リスクが大きすぎるのである。緊急時やよっぽど切羽詰まっている状況でない限り、歯を抜くべきではない。
軽い虫歯であれば削って治療する事も多いが、そのフタから細菌が侵入して再度痛みが出たり、再発するというケースも少なくない。過去に治療した歯の治療をする為にまた歯医者に行くという悪循環、無限ループが発生してしまうのである。
「削らない」「抜かない」歯医者は客にとってもメリットが大きく、医療費を削減できる側面もある。最近はクレジットで払える医院も増えてきているが、その多くは未だに現金払いであり口座から引き出すのが面倒であるというのは余談だが。さて、このような歯医者を見つけるにはどうすれば良いのだろうか。探し方は簡単で、グーグル検索等で「地域名 歯医者 削らない」などと入れて検索するとよいだろう。イマドキの歯医者はwebサイトを公開しており、その中で治療方針を説明している。何となく家から近いだけではなく、治療方針が自分に合う、共感できると思う人がそこに通うのがよいだろう。またネットで予約できる歯医者も私からすれば柔軟に運営されているという事で評価ポイントを上げるだろう。合わないと思ったら治療途中で別の歯医者に衣替えするのも何ら問題は無い。レントゲンを撮れば全て分かるからである。コンビニより多いと言われている歯医者の中で、自分に合う歯医者を見つけるには、事前にwebサイトを見て雰囲気等をつかんでおくのがよいだろう。