“イラネッチケー”契約義務なし 異例の判決にネット民驚愕

アンテナ端子部分に専用のアダプターを接続し、NHKだけを視聴できない状態にするツール”イラネッチケー”について、受信料支払義務の有無が問われている裁判で、東京地裁は「契約義務はない」とする異例の判決を下した。イラネッチケー関係の裁判で契約義務がないとする判決は初となり、今後の裁判に影響する可能性が極めて高い。

今までの裁判では「取り付けても取り外せるなら意味が無い」とか「半田付けしないと意味が無い」とか「半田付けしたとしても溶かして外せるなら意味が無い」などとしてNHKが勝訴していたが、今回は「専門知識がなく外せない」としてNHKが敗訴した。男性だから、女性だから、専門知識があるかないかという違いはあるが、とにかく庶民的な判決が出た事は大変素晴らしい。裁判所も今変な判決を出すと「じゃあ賭け麻雀は」とか叩かれるから、なるべく波風を立てずに庶民に寄り添った判決にしたいのは言うまでもないだろう。

放送法には次のように書かれている。

(受信契約及び受信料)
第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

テレビメーカーもソフトを修正してNHKが映らないテレビを発売すれば一定数の需要は見込めそうだが、なぜ発売しないのか。そしてその機器の支払義務があるかどうかについて裁判する人が出てこればさらに面白いのにと思う所である。最近は携帯会社も忖度してワンセグ非搭載のスマホを発売するようになってきた。NHK契約を避けるために家にテレビを置かない、スマホもワンセグ無し、カーナビもつけない若者が増えている。集金人が「ネット見れる=NHKプラス見れる=契約が必要」などと今後言ってくる可能性があるが、そうなれば誰かがまた裁判を起こすのだろう。NHK関係の裁判は裁判官も判決を出すのが難しいだろうが、高裁・最高裁に行ったとしてもどうか良識的に、庶民に寄り添った判決を期待したい。