“月極”なんて読む? げっきょく?つきぎめ?

駐車場の月単位の契約を示す「月極」ですが、げっきょくと読んでいる人が大多数と思いますが、間違いです。
実は「つきぎめ」と読みます。
つきは分かるけど、極がどうやったら「ぎめ」になるんだ、と思う人もいると思いますが、極には「きめる」という意味があり、そこから来ているようです。月の料金を決めているという意味で月極なのです。そういう読み方をする以上、そうとしか言いようがありません。
「げっきょくの方が言いやすい」「つきぎめは言いづらい」と言われればそうかもしれませんが、間違えるとパソコンやスマホの変換で出てこないばかりか、駐車場の管理人に笑われてしまうのでご注意を。
画面遷移(せんい) ・・・次の画面に移動する事。
進捗(しんちょく) ・・・仕事等の進み具合。
添付(てんぷ) ・・・あるものにあるものをくっつける事。
書留(かきとめ) ・・・重要書類を送る時に使い、損害発生時に補償してくれる郵便局のサービスの一つ。
輝度(きど) ・・・液晶ディスプレイ等の明るさ。
上に読み方の難しい漢字を載せておきますので間違えないようにしましょう。