Windows 10「入力インサイト」を無効にしてサクサクに!

2018年10月頃からWindows 10に「入力インサイト」という機能が追加されたようですが、だいたいマイクロソフトがいう「AI」とか「インサイト」とか怪しげなカタカナ語の機能はロクな機能でない事が多いという私の直感が当たりました。文字を書いているとWindowsが重たくなる、メモリ不足になると言うような場合には、この機能が悪さしている可能性が高いです。
設定→デバイス→入力 と進むと入力インサイトという項目があり、ここをクリックすると次のような画面が出現します。

この入力インサイトは、日本語には対応していないにも関わらずデフォルトでオンになっており、余計なリソースを消費しています。日本語に対応するまで、このカウントが0から増える事はまずありません。私は仮に日本語版に対応したとしても一生使わない機能であると断言できます。なのでオフにしました。これをオフにしたらマウス操作やキーボードの入力、画面遷移等、全ての操作がサクサクになりましたのでWindowsを最新バージョンにしたら逆に重たくなったという人はこの項目がオンになっていないかご確認下さい。タスクマネージャーでオンにした時とオフにした時のハンドル数を比べると、20ほど違いが見られました。やはり軽さに影響しているようです。
繰り返しますが、現時点で日本語には対応していませんので、パソコンに不具合が起きる事は絶対にありません。